浮気相手と別れさせるには

愛人と別れさせるにはどうしたらいい?|浮気調査LEO

愛人と別れさせるにはどうしたらいい?

 

パートナーの浮気が発覚したが別れたくはない。
何とか相手と別れさせて関係を修復したい。
離婚しなくてすむ手段が知りたい。
そんなときにはどうすればいいでしょうか。

 

慰謝料を請求する

浮気相手への牽制として一番合法的な手段は慰謝料を請求することです。
相手の身元と確実な浮気の証拠を入手したら、その相手へ
「パートナーと別れなければ、○○○万円の慰謝料を請求する」という文書を
内容証明郵便で送付します。

 

内容証明郵便に法的効力はありませんが、これで相手にはプレッシャーをかけることができます。
それでも状況が変わらないようであれば法廷に訴えることになりますが、
証拠は揃っているわけですから、相手の敗訴は確実です。
裁判になれば、裁判費用も発生するため、示談となる可能性が高くなります。

 

ここまでしてもまだ関係が終わらない場合は再度慰謝料の請求となりますが、
ここまでして関係を続けるケースはなかなかなく、関係を終わらせるのに効果的です。

 

 

まずは確実な証拠を手に入れてから

浮気の証拠というとメールのやり取りや二人で写っている写真を考える人もいますが、
法廷で争う場合にはこれらの証拠では不十分です。
もちろんメールや写真だけでも浮気の事実を把握していることを相手に伝えることはできますが、
法廷にまで持ち込まれると、証拠として認められない場合があります。
離婚事由と成立するには「不貞の証拠」、
つまり継続的な肉体関係がある男女関係であることを証明できるものでなくてはいけません。
可能なかぎり、決定的な証拠を集めてから行動を起こすようにしましょう。

 

相手の退路を断つ

離婚は「浮気をした人間」からは切り出すことができません。
たとえ浮気をした側が離婚を請求しても、それは受け入れてもらえません。
ですからこちらが「確実な浮気の証拠」を掴んでいれば、相手は離婚することができません。
これをもって再度話し合いを行い、浮気相手と別れて関係を修復するよう働きかけてみましょう。

 

別れさせ屋について

男女の関係にある2人を別れさせる「別れさせ屋」が話題になっています。
ですが倫理的に問題視をされている行為であり、
別れさせ屋を行なっている会社は身元が怪しいところが多いようです。
料金トラブルやプライバシーの侵害などトラブルに巻き込まれる危険性も高いですので、利用は避けたほうが懸命です。

 

HOME


ホーム RSS購読