浮気判明。弁護士に相談すべきかどうか。

浮気がわかったら、弁護士に依頼するべき?|浮気調査LEO

浮気がわかったら、弁護士に依頼するべき?

浮気が発覚したら、まず調査会社に調査を依頼すべきでしょうか、それとも弁護士に依頼するべきでしょうか。
どちらにも依頼するのはそれなりに費用がかかりますが、離婚協議のことを考えたら弁護士を利用したほうがいいのかも。
それぞれのケースについて弁護士の利用方法について紹介します。

 

裁判で闘うことが前提なら、まず弁護士に依頼

浮気が発覚して、パートナーとの話し合いが上手くいかず裁判で争うことになりそうなのであれば、
まずは弁護士に相談しましょう。
裁判で必要な証拠はかなり確実なものを求められますし、実際その証拠を持って裁判で戦ってくれるのは弁護士です。
依頼した弁護士が必要な資料を集めるのがよいでしょう。
浮気や離婚を専門としている弁護士は、そのような証拠を集めることが出来る調査会社と提携していることが多いですので、
その調査会社を紹介してもらうといいでしょう。
そうでない弁護士の場合には、どのような証拠が必要かを聞きとって、それを集めてくれる調査会社を調べます。

 

 

まずは調査だけしたいなら、浮気専門の調査会社へ

裁判で争うところまではいきたくないけれど、浮気調査だけしたい。
そんな場合は、浮気調査を専門に行なっている調査会社に依頼しましょう。
浮気調査を専門に行なっているところであれば、離婚訴訟で必要となる証拠や有効な書類を作成してくれますし、
浮気・離婚訴訟専門の弁護士を紹介してくれます。

 

 

せっかく集めた証拠が無駄に?

浮気の可能性があり、調査会社に依頼して浮気が発覚したために弁護士に依頼をする、という流れの場合、
証拠集めが二度手間になってしまうことがあります。
というのは、せっかく調査会社が集めてくれた証拠が、裁判上では利用できない/有効でない/足りない、という場合があるからです。
例えば写真や動画の証拠があっても、
明らかにプライバシーを侵害しているものや盗聴/盗撮して得られたものは裁判では使えません。
また調べた証拠の信頼性や確実性が疑われる場合もあります。
裁判で争うことを前提に証拠集めをするのであれば、
弁護士か離婚訴訟に詳しい調査会社と相談の上で行いましょう。

 

 

裁判を行わなくても、弁護士に相談

確かな浮気の証拠を集めておくことは、
裁判に至る前に相手に非を認めさせ、あきらめさせる効果もあります。
浮気の証拠が不十分の場合、逆に相手から離婚を切り出されて、
反論できないまま離婚を成立させられてしまう可能性ことも。
無料相談を受け付けている弁護士もいますので、そうなる前に一度相談してみるといいでしょう。

 

HOME


ホーム RSS購読