ゲーム優先で、家庭のことを顧みない人

【体験談133】オンラインゲーマーの元旦那(1) | 浮気調査LEO

オンラインゲームから発展した恋

私の元旦那はオンラインゲームが大好きでした。
私自身もオンラインゲームが好きだし、付き合う切欠がそれだというのもあったのですが…。
子どもが出来てからも全く変わらない旦那に、私の怒りはMAXになっていました。

 

趣味としてやる分にはいいけれど、家族よりも優先してオンラインゲームの時間を割くのは異常です。
子どもが話しかけても上の空だし、私が子育てのことで相談したくても耳を傾けようとはしませんでした。
それでも、どうにか1本の綱で繋がっていられる家族でした。
一応、家族を養うのに十分な稼ぎはあるし、浮気をしている気配もありませんでしたからね。
でも、そんな思いも虚しく、崩れ去る時が来ました。

 

結婚10年目の年のことです。
毎年何かしら結婚記念日のお祝いをしていました。
期待をしていたわけではありませんが、10年目くらいはレストランで食事するくらいの事は願ってもいいかなと思っていたのです。
ところが、その話は一向にありません。
サプライズかなと期待もしていたのですが、当日になっても何もありませんでした。

 

まさか、忘れているのかしら?
そんな不安が過ったお昼過ぎに、旦那から電話がありました。
ホッとしたのも束の間、「今日は飯いらないから」と一言言って切られてしまいました。

 

後から分かったことですが、オンラインゲームで知り合った人達とオフ会をしていたそうです。
私の怒りは頂点に達しました。
オンラインゲームは男性だけがするものではありません。
当然、そこには女性もいたのです。
多くの方々が独身者で、一層仲が深まったのは言うまでもありません。

 

旦那は、今まで以上に家族そっちのけでゲームをするようになりました。
どんな内容のゲームかまでは知りませんでしたが、携帯電話をトイレに持ち込むようになったので、怪しいと思うようになりました。

 

旦那曰く、トイレ内でもゲームをやっているとのことでした。
でも、トイレと言ったってほんの数分です。
とてもではありませんが、ゲームをしているとは思えませんでした。
さすがに電話で話すようなことはありませんでしたが、メールをこそこそやっていたようです。
完全に女性と繋がったという思いで一杯になりました。
そうでもなければ、わざわざ隠れてメールをする必要はないですからね。
隠れてこそこそしているのなら、こちらは浮気調査してやろうと思いました。

 

オンラインゲーマーの元旦那(2) へ 

 


ホーム RSS購読