SNSで出会いが増えたのは良いけど

【体験談129】SNSが流行って(1) | 浮気調査LEO

夫の癒しの場所

夫とは36年も夫婦をやっていました。
既に孫もいて、いい歳の取り方をしてきたなと思っていました。
娘たちの家族と出掛けることもあり、じいじばあばとしてもだいぶ様になってきたかなというところでした。

 

私達には波乱というものが一切ありませんでした。
夫が穏やかなこともあり、夫婦喧嘩もほとんどせず、浮気で悩まされることもありませんでした。
友人には理想の夫婦だと言われていたのです。

 

夫はそんなに口数の多い方ではありません。
なので、傍から見てもストレスがあるのかどうかさえ分かりません。
私はちょっとしたしぐさでストレスが見抜けましたが、それは趣味の絵画で発散していると思っていました。

 

ところが、パソコンが普及し始めると少し変わりました。
パソコン上でも絵を描くようになり、それをインターネットで公開するようになりました。
SNSというのですか?
今はああいう場所が充実しているので、同じ趣味の人と知り合いになりやすいようですね。
昔は地域でしか知り合えなかった趣味仲間ですが、今では全国だけではなく世界とも繋がれるようです。

 

私はパソコンなどの機械ものに疎いので、SNSというものには一切関わったことがありません。
夫がそこで色々な方々と交流して癒されるのであれば、それはそれで素敵な時間の過ごし方かなと思っていました。
私自身も趣味のカラオケに通わせてもらっていますからね。

 

でも、夫の癒しが単なる絵画ではないことに気付いてしまいました。
女性から家に電話があったからです。

 

夫が出掛けている時に電話があり、私が応対しました。
声から推測するに、30〜40代といったところでしょうか。
要件を伺おうと名前を尋ねたのですが、名乗って頂けませんでした。
普通は掛けてきた時に名乗るものですよね?
だから、ものすごく怪しいと思ったのです。
不倫という二文字が頭をよぎりました。

 

夫にそのことを告げると、心なしか顔の表情が曇りました。
ほんの一瞬の出来事でしたが、しまったと思ったのでしょう。
その後は適当にはぐらかされたので、益々怪しいと勘ぐってしまいました。
もしかしたら、私に内緒で女性とコンタクトを取ろうとしているのかもしれないと思ったのです。
でも、それなら携帯でもいい訳ですよね?
それなのに、なぜか夫はその女性に家の電話番号を教えたようです。

 

SNSが流行って(2) へ

 


ホーム RSS購読