私のもとへ戻ってくれるなら…

【体験談127】出会って10年経つ彼氏(3) | 浮気調査LEO

それでも好きでたまらない

彼氏とその子の浮気が発覚したのは、私が彼氏の部屋を掃除した時です。
見覚えのあるピアスの片方が落ちていました。

 

彼氏と3人で初めて会った時、「そのピアス可愛いね」という会話をしたから記憶にあったのです。
ハッとしました。
彼氏とあの子に何かがあったと確信しました。

 

私は証拠としてそれを持ち帰り、日を改めて彼氏とその子と3人で会うことにしました。
そして、浮気の証拠と言えるピアスを目の前に差し出しました。

 

2人とも不味いという顔をしましたが、彼氏は平謝りで、彼女は泣いて謝りました。
二度とこんなことはしないと誓わせました。

 

私の心はなぜか寛容でした。
彼氏の過去のことを考えると、いくら体の関係を持ったとしても「この4年間でそれがなかったことがおかしかったのかもしれない」と思ってしまったからです。
これで許せないとなったら、私もおしまいだなと思いました。
だから、この時だけは許したのです。

 

ところが、彼氏の浮気はそれだけではありませんでした。
他の部署の女の子にも手を出していたのです。
それは例の彼女から聞かされました。
私だけではないと…。

 

怒りがメラメラ燃えました。
彼氏に暴言を吐きましたが、彼氏は慣れている様子でした。
そうですよね…。
過去のことを考えたらこれは修羅場でもなんでもない訳ですから。

 

今現在は彼氏の浮気はストップしているはずです。
二股や三股ではなく、単なる火遊びに過ぎなかったみたいですから。
私は許してしまったのです。
付き合うまでに5年の歳月が流れたし、出会ってから10年も一緒にいられるのは彼だからこそ。

 

周りの友達には、「それは彼氏が甘えている証拠」と言われます。
私なら過去の悪巧みも知っているし、「どこかで許されるのではないかと思っているからだ」と口を揃えて忠告されました。
4年越しに再開した浮気心も、「1回きりの関係だったら許してもらえると思っているのかもしれない」と言われました。
そうかもしれません。
それは分かっているのに、どうしても別れられません。
好きで好きでたまらなくて、別れようと思っても次の恋が出来ないような気がして。

 

こうやって悩んでいる間に、彼氏は他の女の子と寝ているかもしれないんですよね。
ただ、私のところに戻って来てくれるから許してしまうのです。
運命と捉えるのか、新しい恋をして幸せを掴むのか、決断を下すにはもう少し時間が必要かもしれません。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読