結局別れることになり、新たな一歩を決意しました

【体験談126】結婚が目前だったのに…(5) | 浮気調査LEO

別れと新しいスタート

会社に戻っていつもの仕事を始めると冷静さがもどってきました。
彼との未来を考えると彼女の話は聞かなかったことにして、何事もなかったようにしようかとも思いました。
親にも紹介し、会社にも結婚が近いので、退職を考えていると話しているのに、今更彼と別れることはできないと思ったからです。
何もなかったことにすれば、今まで通りの生活が続き、彼との結婚も近いだろうと思ったのです。
でも、彼女が私と会ったことを彼に話せば、彼は私が彼女と彼の関係を知ったということを知ります。
そうなると、彼はもしかしたら彼女のところに行くかもしれない、と不安になりました。
浮気というひどい裏切り行為をされても、私はまだ彼との未来を捨てきれずにいました。

 

しばらくの間彼とは連絡をとれずにいました。
彼からも連絡がなく、静かな日が続きました。
その間に、私は結論を出しました。
何もなかったことにしよう、今まで通りの生活を続けようと。
でも、彼の心は動いていたのです。
先に連絡をしてきたのは彼でした。
彼は、彼女から私の話を聞いたらしく、浮気がばれたということを知っていました。
そして、彼は私に「ごめん」と言いました。
この「ごめん」が浮気をしてごめんの謝りではなく、もう私と続けていくことができないという「ごめん」だということがなぜかすぐに分かりました。
「私と彼女の出会う順番が違っていれば、私を傷つけることはなかったのに」と彼は訳の分からない言い訳をしました。
でも、もしかしたらこの言葉は彼の優しさだったのかもしれません。

 

こうして、あっけなく私達は別れました。
両親には、さすがに彼の浮気とは言えず、いろいろあって別れたとだけ伝えました。
会社は、予定通り退職しました。
どうせ辞めたいと思っていたし、なんとなく居づらい感じもあったからです。
30歳を前にして、結婚を考えていた人と別れ、仕事も辞め、これからどうしようと思うと、食事も進まず、眠れない日々が続きました。
でも、ある日突然、何もないところからまた始めればいいと前向きな気持ちになりました。

 

そして、今、私のことを誰よりも思ってくれる男性に出会い、再び結婚を考えています。
新しい仕事もいろいろとありますが、比較的順調に進んでいます。
当時の私は、結婚を意識しすぎて、彼にプレッシャーを与えていたのかもしれません。
そして、それが原因で彼は浮気に走ったのかもしれません。
浮気はやはり双方に原因があるのかもしれませんね。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読