先輩に紹介され、息の合った私達

【体験談126】結婚が目前だったのに…(1) | 浮気調査LEO

彼との出会い

数年前の話です。
私には、結婚前提で付き合っている彼がいました。
もうすぐ30歳になるのに付き合っている男性がいなかった私は、正直焦っていました。
仕事も上手くいっていないときだったので、余計に結婚への焦りが強くなり、あちこちに誰かいい人がいればと紹介を頼んでいました。
そんなとき、会社の先輩に紹介してもらったのが彼でした。

 

先輩はもう結婚していました。
その先輩がだんなさんの友人である彼を私に紹介してくれたのです。
彼は、私より1歳年上で、公務員専門学校の講師をしていました。
先輩は、先輩夫婦と私と彼の4人での食事をセッティングしてくれました。
彼と初めて会ったときは、とても緊張をしていたのですが、年が近いということで、子供の頃に見ていたテレビ番組の話や好きな音楽などの話で盛り上がり、気がつくと先輩夫婦はそっちのけで2人でわいわいと話ていました。
彼は、「また飲みに行こうよ」と帰り際に誘ってくれました。
私も彼にまた会いたいと思っていたので、携帯番号とメールアドレスを交換しました。
それから休みのたびに、食事に行ったり、ドライブに出かけたりと会う回数を重ねていきました。
「付き合おうか」と彼が言ってくれたのは、4回目に会ったときでした。
海までドライブに出かけ、2人で海を見ているときに、彼はふいにその言葉を口にしました。
あまりに突然のことだったので、最初はよく分からなかったのですが、私が言葉につまっていると、彼はもう一度、今度は私の目をしっかりと見て「俺と付き合ってください」と言ってくれました。
私はずっとこの言葉を待っていました。
嬉しくて、思わず涙が出てきました。
その涙を見て、彼は私をそっと抱きしめてくれました。

 

それから、付き合っていくうちに、お互いいい年齢だったので、結婚を意識した付き合いをするようになりました。
彼も私も子供が好きだったので、よく子供の話をしました。
彼は男の子が2人、私は男の子と女の子が1人ずつ欲しいという話をしたりもしました。
お互いの家に遊びに行き、お互いの両親の公認の仲になりました。
思えばあの頃が一番幸せでした。
今でもどうして彼が浮気をしたのかよく分かりません。
彼の浮気を調べる期間が長く感じ辛かったです。
あの頃は、彼が他の女性に目を向けるなんて思いもしませんでした。

 

結婚が目前だったのに…(2) へ

 


ホーム RSS購読