会社の上司と浮気する主人

【体験談125】転勤した夫(4) | 浮気調査LEO

解決策

「ごめんってどういうこと?何がごめんなの?説明してよ。」
主人は「今付き合ってる子がいるんだ。
会社の上司だ。」と。
会社の上司・・・?
確かに主人はプロジェクトの仕事で忙しいと言っていました。
それは間違ってはいなかったのかもしれません。
でも、上司と浮気?
しかもよく聞けばその上司も旦那さんがいる既婚者だったのです。
それってダブル不倫というやつですよね。
もう私は頭の中が真っ白になりました。

 

「体の関係もあったんでしょ!」
と聞くと正直に「うん」とうなずいたのです。
私は涙が止まらなくなってしまいました。
もうなんだか情けなくて。
関西の家で私は子供たちの面倒を見て旦那の両親の面倒もみて、毎日頑張っていたのに
その間、主人は仕事と不倫を楽しんでいたなんて。

 

私は主人の携帯からその不倫相手の上司とやらに電話をさせて、次の日会う約束をしました。
主人はもちろんですが、その相手の旦那さんも一緒に。
そして次の日。
4人がお昼休憩の時間帯に会いました。
子供たちも離れた席にいたものの、この状況をなんとなく理解しているようでした。

 

そしてもう今後この不倫の関係を続けないことを誓約書に書かせました。
この誓約を破った暁には離婚と慰謝料の請求をお互いにすると。
二人とも納得した様子で、相手の上司の旦那さんがしきりに頭をさげて
謝っていました。
私の言い方がきつかったのかしきりに頭を下げていました。
そしてその場を後に関西へと帰ったのです。

 

それからしばらくこちらからは主人には連絡を取っていませんでした。
すると今度は主人の方から連絡をしてきました。
ごめん。と。
1回までは許すけど、次はもうないわよと告げ、今回のことは水に流すことにしました。
でもこれは子供たちのためにです。
子供たちがいなければ即離婚していました。
一度浮気をした人はきっとまた繰り返すだろうと私は思っているからです。

 

私には子供たちがいます。
だから主人が浮気をしても我慢できるんです。
こんな私を見ているからきっと子供たちは私の味方だろうと思っています。
ですから、今から将来のため浮気した主人といつでも離婚ができるように子供たちと生活ができるように貯蓄をこっそりしている私です。

 

目次へ

 

 


ホーム RSS購読