増えていく旦那のブランド品

【体験談121】減っていく旦那からの電話 | 浮気調査LEO

旦那さんにされた浮気

旦那さんとは、職場で知り合い結婚しました。
嬉しいことに子供にも恵まれ、私は仕事を辞め、専業主婦になりました。

 

妊婦中は辞めたといえども、手伝えることは手伝っていましたが、子供が産まれてからは、育児でいっぱいいっぱいでした。
仕事上、朝に帰ってきたり不規則になることが多く、私も夜中や朝方に帰ってきた時に起きると子供も起きてしまったりなかなか順調にいかない日が続き、お互いにイライラが多くなっていました。
その頃に、週1はあった休みが、2週間に1回あるかないかになり、その時は純粋に忙しいんだなぁ、と思っていました。

 

しかし、仕事中でも何時であろうとも何回も電話をかけてきていた旦那の電話の回数が確実に減り、何よりもおかしいと思ったのが、急に自分のブランド品を買ってくるようになりました。
元々ブランド品は大好きで結構買う方でしたが、必ず私も一緒にいくか、買う前に相談されていました。

 

仕事上、車で待機したり時間が空いたりはあるので買物する自体はおかしいことではないのですが。
浮気という言葉が頭によぎるようになりましたが、あまり周りに相談することができないし、携帯も何度か見ようと思いましたが、信じたい自分もいて何もできない状態が続きました。

 

何も解決することなく月日が流れ、意を決して1人の友人に相談しました。
そしたら、すごい親身になって話を聞いてくれ、知り合いに浮気調査をしてもらったことがあるという人がいるので、良くも悪くもはっきりしたいと思い、聞いて見てくれることになりました。

 

話が進む中、決定的な出来事が起きました。
その日も、深夜になるのだろうと、子供を寝かしつけ、私も寝る準備をしている時に電話が鳴りました。
携帯を見ると知らない番号からでした。
こんな夜にどこからだろうと出てみると、なんと警察からでした。
「◯◯の車の持ち主さんですか?」と。
今停めているところの駐車場の方から停められないとの苦情が入って来たので今すぐでてきてください。とのこと。

 

もちろん、私の車は駐車場に止まってますし、意味がわからず聞き返したところ、
我が家とは全く違う住所とアパート名をいわれました。

 

そう、旦那の車がまさに浮気相手のところに止まっていたのです!
疑ってはいたものの、やはり悲しい現実が待っていたなんて・・・。
涙がでるというより、怒りがこみあげてきました。
浮気相手の方は不倫だなんて全く知らず、警察が来た時に「奥さんに連絡したのですが・・」との話で知り、その場でお別れしたそう。
旦那さんは言い寄ってこられ、なんでも買ってくれるし愛情は一切なかった。

 

とは、言っていましたが、真実はわかりません。

 

離婚も視野に入れ、何度も話し合いましたが、まだ子供もちいさかったし、また一から幸せな家庭を作っていこう! と気持ちを改めてもらい、
今は飲みにすらいかないくらい家庭的な人になっています。
私も子供にばかりいっぱいになっていたので、旦那さんと向き合う時間も大切なのだと思います。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読