再び離婚か!?

【体験談117】本当に優しい旦那が…(3) | 浮気調査LEO

別れるしかない?!

ことが発覚してから、私達はとことん話し合いました。
旦那への不信感はなかなか拭い切れませんでしたが、この10年を心穏やかに過ごせたのは旦那のお陰でした。
それを思うと、この許しがたい事実も「一度くらいの浮気なら」と大きな心で許せるかもしれないと思いました。

 

旦那の浮気のことは、どちらの両親にも伝えてはいません。
実両親に話せば離婚の話になるでしょうし、義両親に話せば許してほしいと懇願されるでしょうしね。
夫婦の問題だから、2人で長い時間をかけて解決していこうということになりました。

 

幸い、この事実を知っているのは極わずかでした。
大きな噂になる事もなく伏せることが出来たのが、良かったのかもしれないなと思いました。
旦那は彼女としっかり別れ話をしたと言うし、あとは夫婦の修復作業だけだと思っていました。

 

ところが、神様は簡単に楽はさせてくれないんですよね。
彼女が妊娠したというのです。
それもあまり信憑性がなく…。
私が嫌がったので、旦那は彼女におろすように話してくれました。
子どもには何も罪がないけれど、それだけはどうしても許せなくて。
でも、その途端に彼女が豹変しました。
「認知してくれなくてもいいから産ませて!じゃないと、会社に全てを話す」と半ば脅されて帰ってきました。

 

旦那は頭を抱えていましたが、自分で撒いた種です。
私はそれで会社をクビになっても仕方がないと思いました。
旦那とやり直すなら、腹をくくってゼロからでもスタートしようと考えました。

 

しかし、旦那にはそれが屈辱的だったようです。
自分が築き上げてきた今までの地位を捨てるのが怖かったようで、なかなか決断が出来ずにいました。
選択肢は2つしかないのですが、あまりにも優柔不断に思えて、私の方が苛々するくらいでした。

 

もしかしたら、旦那は優しいのではなく優柔不断なだけだったのかもしれない。
ふと冷静に考えるとそう思える節がありました。
私はどうしてこんな人とゼロからやり直そうとしているのだろうか?
そう自問自答した時に出たのは、子どものことだけでした。
別れたら子どもが可哀そうだと。
でも、薄れてきた愛情のまま夫婦でいることは、本当に子どもの為になるのかどうかが疑問になってきました。

 

まだこの件は解決しておりません。
私の心は別れるしかないかもしれないという気持ちに傾いています。
その方が、子どもにとっても私にとっても幸せなのではないかと思えているからです。
時が来たら、子どもにしっかりとお話をするつもりでいます。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読