社内恋愛にこりごり…

【体験談115】社内の新歓コンパで知り合った彼が(2) | 浮気調査LEO

社内恋愛はゴメンです!

浮気相手だと噂されている例の彼女は、彼氏と部署が同じだったのです。
当然ながら、仕事での絡みも私以上に多かったのです。

 

部署内の人とランチに行くことは私でもあります。
男性社員と2人きりで食事を取ることは不自然なことではありません。
それでも、その2人の距離がどうなっているかは勘の良い女性には伝わります。

 

いつもは大抵誰かとランチをするのですが、その日は1人で行動をすることにしました。
彼氏のランチ時間帯を尾行してみたのです。
1人で会社から出た彼氏は、少し離れた場所で立っていました。
そこに例の彼女が登場しました。
ランチに行くなら、一緒に会社から出て行くのが自然です。
でも、わざわざ待ち合わせをして食事に向かったのです。

 

2人が向かったのは、私が苦手なアジアンフードをメインとしたカフェです。
私の部署内でもこのお店のランチを好む女子は多いので、そこだけ見たら不自然さはありません。
私は2人が入ったのを見届けてから入店してみました。

 

ランチの時間帯なのに、個室を使用する人もいました。
お店の方にそれとなく聞いてみると、ランチ時間帯でも予約をされる方がいらっしゃるとのこと。
雑誌にも登場するそのお店は、会社勤め以外の主婦層にも人気があるそうです。

 

それ以上の事は聞けませんでしたが、店内を見渡しても彼らの姿はありませんでした。
恐らく、個室を予約したのでしょう。
私は食べられるものがなかったので、当たり障りないサラダとコーヒーで済ませてお店を出ました。

 

しばらくすると2人が出てきました。
その時に事件が起こったのです。
彼氏が辺りを見回して、人がいないのを確認しました。
恋人がよくやるように、チュッと軽くキスをしたのです。
男女の関係がなければ、仕事中のランチ時間帯にそんなことはしません。
我慢が出来なくなった私は、その場で彼氏に電話をしました。
「今からお茶出来ない?」と誘ったら、ありきたりの答えが返って来ました。
「今は上司と打ち合わせがてらランチしているから無理」ですって!

 

怒り心頭だった私は、そのまま2人の前に出て行きました。
「誰も見てないとでも思った?」と言い寄りました。
ビックリした様子でしたが、彼氏はこう言いました。
「ゴメン。俺は彼女のことが好きなんだ。別れてくれ」って、昼下がりのオフィス街でいきなり振られました。
そんな振り方ってあり?
2人とも平手打ちにして会社に戻りました。
あれ以来、社内恋愛はしないと決めました。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読