【体験談114】直感で浮気だ | 浮気調査LEO

学生でも頼んでいれば

学生時代に付き合っている人がいました。
彼とは私が憧れるバンドのコンサート会場で出会って、電話で話しているうちに付き合うことになりました。
初めから私の方が追いかけているような恋愛だったと思います。

 

初恋がいきなりの遠距離だったので、正直気持ちが辛くなることや自分の容姿体系に自信が無いのもあって、
何度か別れようと切り出したこともありました。
彼にはその度に「そんなことない、大丈夫だよ。何でそんな哀しいこというんだよ」と慰められました。

 

はじめての彼氏だったので、家族にもとても心配されました。
一度彼に頼んで彼を両親に引きあわせると、「結婚を前提にお付き合いしたいと思っています」といわれました。
私はとても嬉しくて、彼の頑張る姿を応援しようと決めました。

 

彼はシンガーになる夢があり、東京での就職をを目指していました。
私も彼についていって支えて上げられたらと思っていたんです。

 

そうして半年が過ぎた頃、彼が会いに来てくれていた時に、やたらと携帯にメールが送られてくるのに気がつきました。
彼はどうせ迷惑メールだよと言っていたので、初めは信用していたのですが、彼の態度がよそよそしく感じました。

 

私はなぜか直感で浮気だと思いました。そして、彼が眠っている隙に彼の携帯を覗いてしまったんです。
女性からのメールでした。しかも旦那さんがいる人のようでした。何通もやり取りされたようで、楽しげに会話が交わされていました。
彼は不倫していたのです。私はそのことがショックでしたが、残りの日数を二人が気まずくならないように黙っていました。

 

彼が帰ってしまってから、浮気調査をしてもらうよう頼もうかどうしようか悩みました。
けれど、学生でしたので、そこまでやろうという勇気が持てませんでした。
そして、喧嘩をした弾みに口に出してしまったのです。そのことで、もちろん関係は壊れました。

 

それからすぐ就職し、バラバラになりました。
ただ、時々思うのです。
あの時、浮気調査をしてもらってひどい男だったとわかったなら、何年も引きずったりしなかったなと・・・。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読