新たな一歩を踏み出す

【体験談104】遠距離恋愛の末(10) | 浮気調査LEO

人間不信と男性不信(29行目の続き)

結局彼は浮気相手と大阪で新しい生活を始めたのではないでしょうか。
彼とはあれ以来一度も連絡を取っていません。

 

私はショックで家から出られない日が続きましたが、家族の愛情に支えられてこのまま塞ぎこんでいてはいけないと決心して、新しい人生をスタートしようと決めました。
それでも、まだ新しい恋愛は出来てなくて、あの一件から私は人間不信になり男性が怖くなってしまいました。
新しい恋愛に踏み切りたいと言う思いはあっても、踏み切れない。
信じたくても信じれば全てを失ってしまう気がするのです。
騙されたり嘘をつかれたりするのはもうこりごりで、男性の優しさや笑顔が全て嘘に見えてしまいます。

 

恋愛のショックって、思った以上に深いものだと感じています。
地元の友人や彼を紹介してくれた友達も責任を感じてくれて、彼には幻滅したと言いますがどうにもならず、別れてからも励ましてくれたり、今も男の人を紹介しようとしてくれますが、どうしてもそんな気持ちになれないんですよね。
結婚適齢期なのに、これでは孤独死にまっしぐらな人生になってしまいます。

 

浮気によって180度変わってしまった私の人生。
浮気は相手を傷つけるだけでなくて相手の家族や人生そのものを傷つけその傷跡を深く残したまま一生傷跡は治りません。
とても罪深いものです。

 

でも、結局は私もこの傷を乗り越えて行かなくてはいけないと言う事は分かってます。
傷を隠しながら生きていくよりも、傷跡さえも見せられる相手を見つけられるように努力したいと言う気持ちはあります。
彼の事を忘れる事が出来るくらい素敵な人生を探さなくては…
家族のためにも、いつまでもウジウジしていられないので、歩みださないといけないと思っています。
頑張れ私!
そして無駄になった5年間を取り戻すために、歩み始めます。

 

目次へ

 


ホーム RSS購読