彼を信じきれない私

【体験談104】遠距離恋愛の末(5) | 浮気調査LEO

悪知恵

彼を信じると言えども、心配は心配でした。
そこで、友人はこんな提案をしてきました。
今度大阪に行った時に、調査してみては?と言う提案でした。
調査ってどんな調査をすればいいのか分かりませんでした。
すると友人は、大阪府内の都心に住む彼の自宅近くのホテルをとり、ホテルから彼の家を観察するの!!そんなホテルないの?
って言われました。

 

でも、彼の家の近所にはビジネスホテルはありません。
あっても少し離れています。

 

もし浮気相手がいるとしたら必ず家に来るから、そこを狙って激写するの!!
そのために望遠鏡とか持ってって、調査するの!
って言いますが、調査出来る環境もないし絶対に見つかるし、自信がありませんでした。
友人は必死に悪知恵を働かせますが、私は着いていけそうにありませんでした。
探偵にでも頼めば調査してくれて真実が分かってすっきりするのだろうとも思いました。
お金には困ってなかったし、そうするべきかとも思いました。
しかし、世の中には知らない方が良い事もあると思いました。

 

打つ手が何もない今、彼の言葉を信じるしかなかったのです。
何かがおかしいような気がしていましたが、彼は変わりありませんでした。
それに、私が彼の彼女である事は間違いありません。
だから、心配するなと言ってくれた彼の言葉を信じたいと思いました。

 

友人からは甘いと言われましたが、私にはそれしか出来なかったから。
愛してるからこそ信じようと思ったのです。

 

遠距離恋愛の末(6) へ

 


ホーム RSS購読