卒業と同時に離れ離れになる2人

【体験談104】遠距離恋愛の末(1) | 浮気調査LEO

遠距離恋愛

彼と出会ったのは10年前です。
友達の紹介で、大阪出身の彼と出会いました。
何度か友達と一緒にグループで遊ぶ中でお互いに惹かれあい付き合うようになりました。

 

しかし、彼は学校を卒業と同時に地元の大阪に帰る事になりました。
そこから私達は遠距離恋愛をすることになりました。
遠距離恋愛なんて初めての事で、始めは不安だったり寂しかったりで仕事をやめて家族も捨てて大阪へ行こうかとも考えました。
しかし、本当に愛しているなら彼の事を信じられるはずだと言う友達の励ましもあり、なんとか遠距離恋愛に慣れることが出来ました。

 

月に何度かは会いに行ったり会いに来てくれたりする事もありますが、お互いに忙しくて会えない月もあります。
電話は欠かしませんが、声を聞くと会いたくなります。
こんなに会えない中で、見えない中で彼が浮気しないかも心配でもありました。
でも信じるしかない。
そう言い聞かせて、いつも平気なふりをして、元気に振る舞っていました。

 

でも、常に自分の中に邪念がありました。
心配だったんです。
部屋に一人でいる時の寂しさ、会えない寂しさ、会いたい寂しさ…それらが積もった時に私だって他の人に惹かれそうになる事がありました。
でも彼がいるから、彼を愛しているから守ってきた。
同じように、彼も私だけを見てくれているかどうか、寂しさに負けて他の子と浮気しないかって不安になるのです。
そしてそんな事を考えてしまう自分が嫌いでした。
一人になるとそんな邪念が駆け巡る。
特に彼が電話に出ないときは不安になります。

 

でも会えたらそんな不安は一瞬にして消え去ります。
彼の笑顔を見たら分かるからです。
愛されてる事と愛している事が。

 

そんな日々を繰り返し、初めは辛かった遠距離恋愛にも慣れてきて、だんだん苦しくなくなってきました。
彼の事も当たり前のように信じられるようになってきたし、会えない日々にも慣れました。
そして気がつけば3年が過ぎ去っていました。

 

遠距離恋愛の末(2) へ

 


ホーム RSS購読