風呂から出てきた旦那を再び問い詰めると?

【体験談103】幼馴染の旦那(9) | 浮気調査LEO

離婚を決意

旦那がお風呂から上がってきました。
旦那は自分の携帯が無いことに気が付き、何が起こったのかを悟っていた様でした。
しかし旦那は携帯に偽装工作をしていましたから、まさかバレてはいないだろうと余裕の表情でした。

 

私は息子が眠ったのを確認して、旦那をキッチンに呼びました。
キッチンの食卓テーブルに座って向かい合い、本当の事を話して欲しいとお願いしました。
会社に行った時に「残業手当はつけている」と聞いた事、そんなに残業自体はないと言うことを知った事。結局は残業と偽って何をしていたのか本当の事を話して欲しいとお願いしました。

 

すると旦那は、友人と飲み会とか遊びとか、付き合いでしょうがなかったと言います。
旦那は車が好きだから、どうしても運転手役として呼び出されるのだと言います。

 

「それで女の子を送って行った事は?」と聞くと、「それはないよ。」と言います。
「友達付き合いって誰と?アキラ君とか?」って聞くと、一瞬間がありつつも「そうだけど何?地元の友達の事はお前だって知っているだろ。」って少し怒り口調で言ってきます。
そして「俺の携帯は?」と聞いてきました。
「私が持ってる。」と言うと、「見たんだろ、それで、結局何もなかっただろ?」と旦那は言いました。

 

これ以上話しても本当の事は話してもらえないと思いました。
だから私の方から全てを話しました。
旦那はそれでも話を誤魔化そうとしていましたが、話をしている最中に旦那の携帯にメールが入ってきました。
もちろん、携帯は私が持っていましたから、旦那はかなり慌てていました。

 

私は慌てる旦那を横目に携帯を開きました。
「アキラ」からのメールで「今度はいつ会える?早く会いたいよお」と言う内容のメールでした。
絵文字も沢山使われており、ハートマークが沢山のピンク一色のメールでした。
「これでもアキラ君だと言うわけ?」って旦那に携帯を投げつけました。

 

そして私は離婚を決意しました。

 

幼馴染の旦那(10) へ

 


ホーム RSS購読