浮気調査

離婚は考えないなら|浮気調査LEO

離婚は考えないなら

パートナーが浮気をしているかもしれない。でも離婚はしたくない・されたくない人も多くいます。
このような人たちは下手に調査をして関係を壊したくない、離婚されないか、と心配して浮気調査をしない傾向が強いようです。
ですが、離婚を望まなくても浮気調査をしておいたほうがよいケースもあります。

 

離婚は考えないなら

 

もしあなたがパートナーに浮気をされたとしても、離婚したくない、関係を修復したいと望むことはよくあることです。
また浮気をしているかもしれないと気づいていても、

 

・下手に勘ぐったら本気で離婚されてしまうかも
・どうせ本気じゃないから放っておこう

 

と考えて、深く調べないで放置するケースもあります。

 

しかしこのような状況のままでいると、突然浮気をしている相手側から離婚を切り出されてしまうことがあります。
相手のペースで離婚協議が始まってしまうと、浮気の証拠などが揃えられず、
浮気をされたのはこちらなのに相手の有利な内容で離婚が成立してしまう恐れも。

 

そのような事態に陥らないように、離婚をする気がなくても、
浮気の事実についてはしっかりと証拠を握っておいたほうがよいでしょう。

 

浮気をした側からは離婚できない

民放において浮気をした側からは離婚を切り出すことはできません。
もしあなたが相手が浮気をしている理由を握っていて、離婚する意志がないのであれば、
相手の離婚請求を拒否することができます。
逆に言えば、もし相手が離婚を切り出してきたときに、あなたが相手の浮気を証明できなければ、
離婚請求を取り下げさせることができません。

 

不貞の事実がないと慰謝料請求できない

もし万が一離婚に至った場合も、相手の浮気(不貞の事実)を証明できなければ、
慰謝料の請求が認められない可能性があります。

 

 

話し合いのための材料として

いくら浮気が疑わしいと気づいても証拠がなければ相手はそれを認めることはありませんし、浮気を止めることもしないでしょう
離婚訴訟に至らなくても、こちらが浮気の証拠を握っていることが分かれば、浮気を止めさせるための話し合いを始めることができます。

 

浮気相手に慰謝料を請求するために

二度と浮気をさせないためにも、慰謝料請求を行なっておくことは1つの有効な手段です。
ですが、浮気相手に慰謝料を請求するには、かなり決定的な証拠が必要です。
浮気しているかもしれない?では、相手にかわされてしまうでしょう。

 

既成事実を成立させないために

 

離婚に同意していなくても、長期間別居していると
事実上、婚姻関係が破綻している」とみなされてしまう場合があります。

 

こうなってしまってはこちらの立場も弱くなってしまうため、
早い段階で浮気の証拠を掴んで、相手に進退を迫る必要があります。

 

 

HOME


ホーム RSS購読