離婚をしたいのか、考えなおすのか

離婚したいなら|浮気調査LEO

離婚したいなら

パートナーの浮気の事実を知ってしまったら。
もう離婚するしかないと考えるのも仕方のないことです。
ですが、これまで夫婦で築いてきた関係や財産など、スムーズに離婚できるものでもありません。
場合によっては相手の浮気が原因なのに、自分が損をする離婚をしなければいけなくなる場合も。
そこで「有利に離婚すること」を前提に浮気調査を依頼する場合にはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

離婚したいなら

 

相手に気づかれずに証拠を集める

離婚協議を有利にすすめるには、確実な浮気の証拠を見つけなければいけません。
確たる証拠がないうちに、浮気に気づいていることを相手に勘づかれてしまうと決定的な証拠が手に入れにくくなります。
またそれ以前に浮気を疑っていることを知られることで、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。

 

個人で、相手に知られずに浮気の証拠を集めるのには相当の労力と知識・スキルが必要となります。
まずは専門家である調査会社に相談してみるとよいでしょう。
浮気・離婚を専門に扱う会社であれば事前に無料相談を行なっているところもあります。

 

本当に離婚したいのか冷静に考える

最初に浮気の事実を知ってしまったときは、冷静に判断できず感傷的に離婚を決意してしまうことが多いようです。
離婚とは思った以上に時間や労力、費用を消費します。
また自分とパートナー以外にも大きなダメージを与えることにもなります。

 

一度冷静になって、本当に離婚をしたいのかを見つめ直しましょう。

 

確実な浮気の証拠を手に入れる

パートナーの浮気が原因で離婚する場合には、浮気の証拠の有無が、離婚を認められるかや慰謝料の額に大きな影響を与えます。
またそもそもパートナーに浮気を認めさせるためにも、確実な証拠を手に入れる必要があります。

 

なお離婚訴訟において認められる「浮気」とは

 

・ある程度継続性のある肉体関係を伴う男女の関係

 

とされています。
つまり1回だけの関係では浮気として認められないのが現状です。

 

また浮気の証拠能力があるものとしては

 

・ラブホテルに出入りする映像/写真
が一番確実です。
また
・通常のホテルの場合は2時間以上2人で部屋にいた
・相手の部屋の場合は、定期的/継続的かつ数時間そこに滞在していた
という場合にはこれを証明する証拠が必要となります。

 

逆に、
・2人で食事をしている/遊んでいる写真
・2人で外出した時の領収書やチケット
・メール

 

では浮気を証明するための決定的な証拠能力があるとは言えません。
ただし、双方が離婚に同意し、相手が離婚の事実を認めている場合には十分な証拠になります。

 

これらの証拠が集まったら、相手に離婚を切り出しましょう。
なお決定的な証拠は最終手段として隠しておいたほうが、協議を有利にすすめることができます。

 

 

HOME


ホーム RSS購読