浮気調査についての流れ

浮気調査の主な流れ | 浮気調査LEO

浮気調査の主な流れ

浮気調査を調査会社に依頼するときの流れについて掲載します。

 

浮気調査の主な流れ

 

1 ホームページまたは電話で無料相談

 

2 折り返し連絡があり、面談の日時を設定

 

3 面談にて調査内容が折り合えば契約成立

 

4 浮気調査開始 ※随時調査会社から連絡が入ります

 

5 調査結果報告

 

 

無料相談

浮気調査はまず相談から始まります。
浮気調査を行っている探偵事務所や興信所などにメールや電話、あるいは面談によって相談します。
最近は無料相談を行っているところも多いので、気軽に利用しやすくなっているようです。
浮気調査会社のサービスはここで確認しておきましょう。
相談ではまず浮気調査に関する大体の内容や依頼主の連絡可能な時間帯などを伝えます。
プライバシーも保護され、匿名での応募もできます。

 

 

面接日時の設定から契約まで

次に折り返しの連絡があり、面談の日を設定します。
出張面談などを行っているところもありますので、近くに相談するところが無くても利用することができるかもしれません。
面談の際は詳細な内容、調査方法、見積もりなどの相談をします。
予算などが合えば契約成立となり、調査が開始されることとなります。
もちろん内容や予算などが合わなければ相談だけで終えることも可能です。

 

 

浮気調査開始

浮気調査が開始されると依頼主へは随時報告がされますし、現場から連絡があることもあります。
一通りの調査が終われば調査結果報告書が作成され、依頼主に渡されます。
報告書には詳しい内容や写真が添付されていることもあります。
内容に納得がいかなければ引き続き調査を依頼することも可能だそうです。
※追加料金は発生します。

 

 

調査結果の報告

浮気調査は浮気の確たる証拠を掴むためには欠かせません。
確たる証拠とは、浮気の現場を押さえる、あるいは写真におさめることです。
つまりこの確たる証拠を掴むには相当な技術が必要なのです。

 

例えば浮気の現場を押さえようと思った場合には、警察並みの張り込みや尾行の技術が必要です。
道具や人材も必要ですし、なかなか個人で行うには困難でしょう。

 

 

浮気調査は失敗した場合取り返しがつきません。
失敗して相手に浮気調査をしていることがバレてしまった場合、相手は警戒して二度と確たる証拠がつかめない状態となってしまいます。
存在したはずの証拠も隠滅される可能性がありますので、浮気調査には慎重な姿勢が必要です。

 

 

浮気が発覚し離婚にいたる場合、浮気調査による証拠は必ず必要なものになります。
先の展開を考えるためには、浮気調査に確実な結果を望みたい人が多いのではないでしょうか。

 

 

HOME


ホーム RSS購読