浮気調査会社の判断基準

こんな調査会社には要注意 | 浮気調査LEO

こんな調査会社には要注意

浮気調査業者を選ぶときの注意点について掲載します。

 

浮気調査の主な流れ

 

料金が不明瞭な調査会社

 

調査会社にはまず面談をしに訪れますが、その際に浮気調査に対する見積もりを作成します。
しかしその見積もり自体を作成しない、あるいは作成するが不明瞭である調査会社には注意しましょう。
例えば別途成功報酬が必要だったり、深夜料金が必要だったりする場合に、それらの料金が明確に見積もりに提示されているかどうかは重要なポイントです。

 

料金を明確にするにためには見積もりの作成は必至であり、正確さも要求されますので注意しましょう。
そうしないと、後で多額の調査料金を徴収されることになるかもしれません。

 

 

調査会社はきちんと法的に存在しているかどうか

 

主に探偵事務所に多いのですが、個人で行っている場合事務所と言っても自宅兼用の場合もあります。
こういった場合は事務所を構えるだけの実績がない、小規模の探偵事務所であることが多いです。
だからといって信頼できないわけではありませんが、大手と比べると実績は劣ると言えるでしょう。

 

また、探偵事務所は法に基づいた申請が必要です。
調査会社が合法であるかどうか、調査は合法的に行われているかどうか、不安な場合はチェックしてみましょう。

 

 

日時、秘密厳守が曖昧
 

 

依頼主が指定した日時に必ず連絡してくるかどうかは大きなポイントです。
日時を守るという基本的なことができない会社は、秘密厳守という基本もできているかどうか危ぶまれます。
調査依頼の契約を行う前に、なにかしら理由をつけて日時指定の約束をしてみると良いでしょう。そこでしっかりと約束を守ってもらえるかは、1つの判断基準となります。
そこで指定した日時を守れない調査会社には気を付けて下さい。

 

 

調査内容が確実に行えていない
 

 

浮気調査は計画通りに進行しているのかどうかは、随時連絡をもらうことで把握できます。
しかしその連絡が無い、あるいは計画とは違った進め方をしているという調査会社にも注意しましょう。
計画に基づいて実際にきちんと調査を行っているかどうか曖昧な調査会社もあるようです。

 

 

スタッフの対応に不安な要素がある
 

 

浮気調査は非常にプライベートな問題であり、人生に関わる大切な依頼です。
調査会社のスタッフが「曖昧で頼りない回答しかできない」「胡散臭い適当な対応しかできない」など、少しでも不安を感じる場合は他の調査会社を探すことをお勧めします。
自分が本当に信頼できるようなスタッフがいる調査会社ならば、様々なことを相談で来て安心です。

 


ホーム RSS購読