離婚協議で慰謝料をたくさん貰うために

慰謝料をたくさん貰いたいなら|浮気調査LEO

慰謝料をたくさん貰いたいなら

 

浮気をされて離婚をしなければならなくなるということはとてもダメージが大きいことです。
精神的なショックもありますし、これからの生活のことも考えなければいけません。
そこでできるだけ慰謝料を請求したいと考えるのは当然のことです。

 

慰謝料について

 

慰謝料をもらえる条件とは

離婚協議において、相手から慰謝料をもらえるのは、相手に離婚に至る原因の責任がある場合です。
もし相手の浮気の証拠などを明確に示せない場合、一方的にどちらかに原因があったのではなく、
自分(浮気された側)にもきっかけを作った原因があるとして、慰謝料の支払い義務が生じないケースもあります。

 

もしくはこのような場合は、双方の責任の度合いに応じて、慰謝料が決められることもあります。
この責任度合いが決められない場合、例えば性格の不一致といったケースでは慰謝料を請求せずに離婚に至ることが多いようです。

 

慰謝料の金額は?

慰謝料の金額は法律で決められている訳ではありません。
その訴訟ごとに裁判官が双方の言い分を聞いて、妥当と思われる金額を決定します。

 

一般的に浮気による離婚の場合の慰謝料はほとんどのケースで300万円以下となることが多いようです。
しかしこれはあくまでも一般例であり、それぞれの状況によって妥当とされる金額は異なりますので、ご注意ください。
もちろんこちらが請求してそれを相手が同意するのであれば、高額な慰謝料を請求することも可能です。

 

浮気相手への慰謝料請求

パートナーへの慰謝料請求だけではなく、その浮気相手にも慰謝料を請求したい場合ですが、
パートナーから請求した分の満額の慰謝料や相場以上の慰謝料を受け取っている場合、
浮気相手への追加の慰謝料請求は認められない場合があります。
これはパートナーが浮気相手への慰謝料を肩代わりしてすでに支払っているとみなされるからです。

 

慰謝料の種類

離婚協議において、慰謝料という形でお金を支払う以外に、
「和解金」「解決金」という名目で一時金を支払う場合があります。
これは離婚を望んでいる側が、早く協議を終わらせるために、相手を納得させる手段として用いられます。
慰謝料という名目にこだわるか、お金を受け取ってこちらも早く次の生活に向かって動き出すか、それはご自身の判断となります。

 

養育費

慰謝料は、浮気をした相手がパートナーが負った精神的、肉体的なダメージに対するお詫びとして支払うものです。
これとは別に離婚時には養育費についてもきちんと話し合っておくべきです。

 

子どもは両親の離婚の最大の犠牲者です。
この子たちが不自由なく生活でき、教育が受けられるだけの責任は両親双方にありますので、
養育費の金額や支払い方法、支払期日についてもしっかりと決めておきましょう。

 

 

HOME


ホーム RSS購読