浮気調査

探偵と興信所の違い|浮気調査LEO

探偵と興信所の違い

浮気調査を依頼する場合、探偵(事務所)か興信所のどちらかに依頼するケースがほとんどです。
ではこの探偵と興信所とはどう違うのでしょうか。

 

探偵と興信所の違い

 

現在の定義

現在、興信所と探偵の定義に違いはありません。
探偵業務を行うために定められている探偵業法においても、探偵業とは探偵=探偵社=興信所と定義しています。
そのため現在多くの調査会社は探偵と興信所のそれぞれがもつイメージを重要視して名前づけをしているようです。

 

過去の違い

かつて興信所は経済関係、とくに企業に関する信用調査や市場調査などを主に行っていました。
一方探偵は個人に関する情報を収集するというイメージが強かったようです。
ですが現在では興信所も探偵もこの住み分けがなくなってきています。

 

調査方法の違い

これも過去の経緯ですが、興信所と探偵では調査方法に違いがあるとされていました。
興信所は「会社が会社を調査する」と言われており、調査対象者に直接聞き取りや取材を行い、
その内容を裏付けてから調査報告を行なっていました。(内観型調査方法)
一方探偵は「個人が個人を調査する」と言われており、
尾行や張り込みなど調査対象には直接コンタクトせず、情報を収集して調査報告を行っていました。(外観型調査方法)
ですが、この調査方法も現在では探偵と興信所で違いはなくなってきており、
依頼者の要望/状況に合わせて調査方法を選択しています。

 

イメージ

かつて経済関係の調査をメインで行なっていた興信所は、世間的なイメージで悪く見られていたことがあったようです。
一方探偵は、小説やドラマなどでヒーロー的な活躍をする探偵が多く存在することで、
よいイメージを抱く人が多いとのことです。
そこで調査会社としては世間的な印象がよい探偵(探偵社・探偵事務所)を好んで名乗っているところもあります。
逆に興信所の場合は、探偵が個人として活動しているイメージがある一方、企業(組織)としてのイメージを与えるため、
信用度や安心感を抱いてもらう意味で興信所と名乗っているようです。

 

HOME


ホーム RSS購読