浮気調査の目的と内容

浮気調査を依頼する上で注意すべきこと | 浮気調査LEO

浮気調査を依頼する上で注意すべきこと

パートナーが浮気をしているのでは?
そう感じて、そのまま興信所や探偵事務所に浮気調査を依頼する方が多いようです。
ですが、浮気調査といっても何を目的に依頼をするかによって調査方法や調査内容が異なります。
調査を依頼する前に、目的と調査して欲しい内容を整理しておきましょう。

 

 

浮気調査を依頼する上で注意すべきこと

 

何を調べて欲しいのか明確にする

浮気調査では主に以下の内容の調査を行うことができます。
これらすべてを依頼するのか、それともどれに絞って調査して欲しいのかを整理しましょう。
知りたいことと別の調査内容が返ってきたら元も子もありません。

 

行動調査

浮気調査をして欲しい相手の行動を調べてもらいます。
例えば調査対象の尾行を行ったり、調査対象のことを聞き込みしたりします。
また張り込みや関連情報の収集を行います。
自分が知らない所で、パートナーがどのような行動をしているのかを知りたい場合に依頼します。

 

証拠調査

本当に浮気行為がある(あった)のかを調べてもらいます。
また浮気行為が1回だけのものなのか、継続的に行われているものなのかなども調査します。
継続的に行われているようであれば不貞行為として民法上の離婚事由として成立するため、
離婚するための証拠が欲しい場合などに利用されます。

 

浮気相手の特定

まったく浮気相手に予想がつかない場合は、まず浮気相手の特定から行います。
ですがインターネットの利用が当たり前になっている現在では、浮気相手を特定するのが難しくなってきています。
そのような中でも今後の展開を有利にすすめるために、専門家に調査を依頼して相手の特定をしておくことが重要でしょう。

 

 

どこまで調べていいのか明確にする

浮気調査をしていると第三者に知られたら恥ずかしいだけではなく、社会的地位も危なくなる場合があります。
もし浮気の事実がまったくなかったとしても、浮気調査をされている(身元を調べられている)ということが知られただけでも、
調査対象の評判/評価が落ちてしまうことも考えられます。

 

そこで調査において、どこまで調査をしていいのか、誰に誰に聞いてよくて誰に聞いてはいけないのか、
などを整理して調査機関に事前に伝えましょう。
また、調査時にはどのような調査を行うのかの説明をよく聞いて、下手な噂が立たないように十分確認しましょう。

 

 

HOME


ホーム RSS購読